精神疾患に罹りやすい傾向

悩む中年女性

明るく社交的な性格の人が多いです

循環気質の人は、社交的で明るい性格の人が多く、人と会話をするのが好きで、気配りの出来る人が多いです。物事に集中しやすく、熱しやすいなどの性質も持っています。循環気質の人は、双極性障害やうつ病などの病気に罹りやすい傾向があります。双極性障害はうつと躁を繰り返す病気ですが、躁状態になると頻繁に外出をしたり、浪費をしやすくなります。あまり眠っていないのに、活発に活動をする傾向があります。統合失調症とは違い、本人に病識があることが多いです。気になる症状が見られる場合は、精神科や心療内科を受診する必要があります。循環気質の人は、周囲に細かい気配りが出来るので、ストレスを溜めやすい傾向があります。躁状態とうつ状態を繰り返していると、同居している家族にも影響が出てくることがあります。精神科や心療内科の病院やクリニックは、清潔で明るい雰囲気なので、心の病気の人が通院しやすい環境が整っています。双極性障害やうつ病は、気分安定薬や抗うつ剤などは大変有効なので、症状に応じた薬を処方してくれます。抗うつ剤や気分安定薬の副作用が心配な人も少なくありません。精神科や心療内科のクリニックや病院では、薬の効能や副作用についても詳しく説明をしてくれます。現代は優れた医薬品が開発されているので、以前に比べると副作用の少ない薬を処方してくれます。症状が重く、仕事や日常生活に支障が出ている場合は、一時的にストレス環境から離れることも大事です。精神科の病院で入院をすると、規則正しい生活が見に付きますし、十分に休養が出来る環境が整っています。

うつ病や双極性障害などの病気は、現代は増加傾向にあります。年齢を問わず発症をするため、お子様や高齢者も罹る人が増加しています。循環気質の人は、ユーモアがあり、明るい性格の人が多いです。周囲に細かい気配りが出来るので、学校や職場でも人気がある人が多いです。就職や転職、結婚などで生活環境が変わったり、大切な人との死別などを経験したりすると、一時的に大きなストレスを受けます。うつ病や双極性障害などの病気は誰でも罹る可能性がありますが、循環気質の人は病気に罹りやすい傾向があります。うつ状態の時は、気分が落ち込んだり、意欲や気力の減退などが見られます。躁状態になると、話しだすと止まらなくなったり、誇大妄想などが見られたりすることもあります。躁状態の時は、一見すると元気になったように見えますが、病的な状態なので放置をすると支障をきたすようになります。同居している家族や配偶者は、異変に気付くことが多いので、本人が病院に行きたがらなくても、説得をすることが大事です。精神科や心療内科は敷居が高いと感じている人が多いですが、精神疾患は増加傾向にあるので、通院をするのに抵抗を感じる必要はありません。うつ病に比べると、双極性障害の場合は薬が効きにくい傾向がありますが、精神療法や認知行動療法などと併用をすることで、少しずつ辛い症状が改善してきます。循環気質の人は、普段から適度に趣味や娯楽を楽しんで、過度なストレスを溜めないことも大事です。病気を早期に発見することで、回復を速めることが出来ます。